函館で築窯した白岩大佑氏は、常滑焼の大家 小西洋平氏に師事した弟子のひとりです。
白岩氏は、穴窯で薪を焚いて急須や焼き物を焼き上げるスペシャリストであり、窯の中の炎が偶然創り出す “窯変”といわれる景色を巧みに操る陶芸家でもあります。そのため、ひとつとして同じ窯変模様の器はありません。
彼の手から生み出される急須はとても軽く、繊細な美しさが際立っています。
“印籠蓋”の急須
焼成中に色が変化する“窯変”には、微妙な色調に美しい釣り合いの色彩が表現されて、洗練さが際立つ模様です。

流行に 急須 250ml "窯変"白岩大佑作-急須

EVENTS&SEMINARS

 
 プライバシーマークは株式会社Z会株式会社Z会CA株式会社増進会出版社が取得しています。