メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。

ドイツ製ユンハンスの
マックスビル自動巻き腕時計。
デイトもなく、シンプルさ機能美を
追求したデザインウォッチ!


ドイツ製Junghans【ユンハンス】のMax Bill【マックス・ビル】コレクション自動巻腕時計です。1962年にバウハウス最後の巨匠と言われたマックス・ビルがドイツ最大の名門時計メーカーJUNGHANS【ユンハス】社の為にデザイン。

ドイツらしい無駄を廃したシンプルな機能美。針のデザイン、長さから、バーインデックス、ブランドロゴまで計算しつくされたデザインを感じる事が出来ます。メッシュバンド仕様のため、革バンドよりは汗や水などを気にせずに着用が可能。シンプルな美しさを感じられるデザインウォッチです。


■マックスビルについて
スイスで生まれたマックス・ビルは、ドイツ・デッサウのバウハウスで学びました。バウハウス創設者のヴァルター・グロピウスやパウル・クレー、ワシリー・カンディンスキー等に師事する傍ら、建築家のル・コルビュジエやミース・ファン・デル・ローエの思想をも受け継ぎました。偉大なデザイナーであり創造的なアーティストだったマックス・ビルは“バウハウス最後の巨匠”と言われ、画家、建築家、彫刻家、教師、そしてデザイナーとして幅広い分野で天賦の才を発揮しました。

また1993年には日本を訪問し、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞しています。明瞭なデザインと緻密な計算に基づく調和を特徴とする彼の作品は、今日に至ってもなお多くのファンを魅了し続けています。

■マックスビルの作品
マックス・ビルの作品は、自由美術と応用美術、哲学と実践とのバランスに大変長けたものでした。“時間”をテーマとした試みはマックス・ビルにとって魅力的な挑戦となり、数十年に渡って取り組むことになります。中でも1956/57年にユンハンスのためにデザインしたウォールクロックは最も優れた作品の一つで、時間と分の重なる様を形式化しよりシンプルな形で表現した本作品は、その類稀な造形美が評価されてニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに指定されています。

また1962年に発表された機械式腕時計は、ドーム型の風防に調和するよう分針の先端を緩やかにカーブさせるなど、目立たない部分ほど詳細に手が加えられています。無駄を削ぎ落としたシンプルで飽きの来ないウォッチコレクションは美しいだけでなく流行に左右されない永遠のマスターピースと言えます。マックス・ビルのオリジナルデザインを元にユンハンスの手で再び甦った『マックス・ビル by ユンハンス』は、リストウォッチとウォールクロックのシリーズで展開しています。

■店長のひとこと
ユンハンス社の復刻マックスビル自動巻きです。
シンプルでスッキリしたデザインです。
デイトなどの無駄を省いたスッキリしたデザインながらも
夜光針と一部夜光インデックスを採用することで
暗闇でも時刻確認が可能な実用派腕時計です。

1962年に発表されて、40年以上経過した
デザインながらも、無駄を排したデザインは
今なお輝きを放つバランスのとれたデザインです。
この歴史が物語るように、長年愛用しても
飽きがこない腕時計のひとつですね。

■裏ブタ
裏ブタには品番やスペックの他に
デザイナーのマックス・ビルのサインが
刻印されております。

デザインby Max Bill【マックス・ビル】
生産国:ドイツ
スイス製自動巻きメカニカル・ムーヴメント搭載
ETA2824-2ムーヴメント搭載
ステンレスケース
GP仕上げ
ボックス型アクリルガラス
デイト付き
日常生活防水
メーカー保証付き

ケース直径 約38ミリ
ケース厚さ 約10ミリ
バンド幅20ミリ

※入荷時期などにより若干仕様変更がある場合が御座います。
御了承お願い致します。


交換無料! ドイツ製Junghans【ユンハンス】Max Bill【マックス・ビル】自動巻き腕時計/バウハウス・デザインウォッチ-メンズ腕時計

知識・人・未来をつなぐオンラインアカデミー「Z会アステリア」2017年3月スタート!(中学生以上対象)

 
 プライバシーマークは株式会社Z会株式会社Z会CA株式会社増進会出版社が取得しています。