人生に想いあり、想いに言葉あり、言葉に力あり。

『菊池寛生誕百年記念 文藝春秋講演会』の秘蔵記録をCD化。大好評の第一弾~知られざる講演録~に続き、この第二弾では『言葉の力』を強く感じる講演を選りすぐりました。


・松本清張と江藤淳が人間味たっぷりに菊池寛の人となり、そして芥川賞の生々しい舞台裏を語る。
・テレビの顔とはひと味もふた味も違う、文学者としての感性を十二分に吐き出した、藤本義一。
・同じくブラウン管の人気者も、その軽妙なキャラクターとは違う深い陰影、そして人生観を見せる逸見政孝。
・多くの伝統芸を評してきた江國は、そのひきだしから、プロフェッショナリズムの真髄を探り出し、その中に「引き際」の美学を見つける。
・いかにしてドキュメント作家は社会の襞に埋もれた真実を掘り出し本にしてゆくか、手に汗握る軌跡を語る、上坂冬子。
・当代きっての劇作家・井上ひさしの講演は、あたかも会場すべてがひとつの舞台。爆笑につぐ爆笑で「むずかしい事はやさしく、やさしいことは深く、深い事は愉快に」の名言そのままに。

言葉の楽しさ、美しさ、深さ、やさしさ。聴くだけで良く分かる、納得できる、人間が成長する。そして人生が豊かになる。そんな講演ばかり集めた第二集です。


【商品内容】
■CD7枚組
■特製ケース入り
 
【収録内容】

■DISC-1:松本清張 「菊池寛の文学」
『点と線』『砂の器』『黒革の手帳』でおなじみの松本清張が菊池寛の文学性と人間性をその生い立ちと作品から解き明かす。豊富な含蓄がユーモラスなトークに融け込み、論理を超えたヒューマニズムで心に聞かせる名講演!希少な松本清張の肉声をお楽しみ下さい。
1 人生派リアリズム ~生まれついての逆境~(14:13)
2 裏側にあるところのもの(19:02)
3 人生の裏、人間の裏、悲喜交々(8:04)
4 つくりものでない感動(8:37)
5 永久に残る作品(8:38)

収録時間 58:35
1987年10月31日 高松市四国新聞社ホール
菊池寛生誕百周年記念講演会にて収録
特集「心に灯がつく人生の話 今こそ聞くべき名講演」に掲載の音源です。

■DISC-2:藤本義一 「言葉と文字」
人間を人間たらしめる…それは言葉を話し、それを文字にする能力。「言葉」と「文字」の決定的な違い、そして「人を魅力的に変えてゆく言葉の力」について当意即妙に、そして情熱的に放つ金言の数々。本好きならば一度は聴きたい。
1 学問は深いというより面白い(11:15)
2 お前の頭は倉庫だぞ(9:53)
3 時間を食う蚕、これが人生(12:46)
4 文章は空白に(16:11)
5 虚構の下の真実(17:27)

収録時間 67:33
1988年10月1日 徳島県徳島市文化センター
菊池寛生誕百周年記念講演会にて収録
特集「心に灯がつく人生の話 今こそ聞くべき名講演」に掲載の音源です。

■DISC-3:逸見政孝 「私の歩いてきた道」
絶大な人気を誇った名アナウンサー逸見政孝が綴る、自身の半生記。浪人時代の失恋体験や報道現場の苦労などを語り、軽妙なトークで会場を爆笑の渦に包みつつも「思いやり」「努力」「勇気」に触れる、爽やかな一幕。
1 人間らしくていいじゃないですか(17:57)
2 私どもはお神輿であります(12:57)
3 見返してやろうと思った(16:15)
4 言ってみれば人生っていう襖(12:54)

収録時間 60:02
1989年6月25日 広島市安佐町民センター
菊池寛生誕百周年記念講演会にて収録にて収録
特集「心に灯がつく人生の話 今こそ聞くべき名講演」に掲載の音源です。

■DISC-4:江国滋 「プロフェッショナルに学ぶ」
落語エッセイや「やなぎ句会」で知られる、俳人・江国滋の講演。多くの名人に接して来た経験から引き出した、プロフェッショナリズムの真髄。桂文楽引退の話は「人生の引き際」について大きなヒントを与えてくれる。
1 プロとアマの差 ~菊池寛・長嶋茂雄~(16:18)
2 トンナンの風 ~山川静夫~(8:52)
3 白紙の原稿用紙 ~瀬戸内晴美・長谷川如是閑~(11:54)
4 勉強しなおしてまいります ~桂文楽~(7:45)
5 プロの手の振り方 ~昭和天皇~(11:01)

収録時間55:50
1989年5月27日 久留米市石橋文化ホール
菊池寛生誕百周年記念講演会にて収録
特集「心に灯がつく人生の話 今こそ聞くべき名講演」に掲載の音源です。

■DISC-5:上坂冬子 「繁栄日本の陰に」
「忘れなりゅんにゃ 昭和二十年ぬ 原子爆弾ぬ」…ふと耳にした奄美の民謡に隠された、被爆者たちの知られざる人生。上坂冬子は如何にして真実を探り当てるのか?「ドキュメント作家が語る、作家自身のドキュメント」ならではの臨場感が魅力の講演。
1 奄美の民謡(10:54)
2 大島紬は口をつぐむ(10:33)
3 原爆乙女の誕生(7:52)
4 シアトルからの手紙(11:12)
5 胸の奥の原子爆弾(17:55)

収録時間58:27
1989年9月6日 滝川市文化センター
菊池寛生誕百周年記念講演会にて収録
特集「心に灯がつく人生の話 今こそ聞くべき名講演」に掲載の音源です。

■DISC-6:井上ひさし 「小説と芝居について」
舞台にかける情熱、物語に対する真摯、劇場に寄せる期待、観客に向ける感謝、ことばに亘る愛情、一幕に光る未来。井上ひさしが生涯を捧げた小説と演劇について熱烈に語る。名劇作家の手にかかれば、講演会すらひとつの芝居になる。
1 父帰り、みな家出する。(7:58)
2 作者と客の違った関係(8:31)
3 見習い女中パミラ ~世界初の小説~(12:07)
4 桟敷群像(9:15)
5 二度と会えない向こうの人よ!(10:17)
6 観客が走り飛び乗る終電車(11:37)

収録時間59:45
1988年11月2日 名古屋市民会館
菊池寛生誕百周年記念講演会にて収録

■DISC-7:江藤淳 「菊池寛と芥川賞」
「人間通」菊池寛はいかにして芥川賞をつくったか。そして、鬼が集う新喜楽、大作家が額突き合わせる選考会の舞台裏。戦後を代表する批評家が講演で見せる顔はヒューマニストの江藤淳。その活き活きとした人物描写、一言一句の選び方に唸らされる。
1 くしゃくしゃの十円札 ~菊池寛と小林秀雄~(10:31)
2 センチメンタル無き友情 ~芥川賞誕生秘話~(17:50)
3 芥川賞の舞台裏 ~鬼が集う選考会~(15:27)
4 文学が事件になった ~異色の受賞者たち~(12:02)
5 残酷な贈りもの ~受賞劇の光と陰~(2:55)

収録時間58:48
1987年10月31日高松市四国新聞社ホール
菊池寛生誕百周年記念講演会にて収録
九月号に記事掲載された音源です。

【出演者】


【備考】
発売日: 2011年09月10日
企 画: 株式会社日本音声保存
発 行: 株式会社日本音声保存
※CD7枚を特製ケースに入れてご自宅にお届けいたします。
※当CD商品には雑誌文藝春秋は付属しておりません。
※商品発送まで3日~5日ほどお時間をいただく場合がございます。


【18%OFF】 【通常送料・代引手数料0円】文藝春秋 幸いなるかな人生(CD) 文化講演会2-その他

知識・人・未来をつなぐオンラインアカデミー「Z会アステリア」2017年3月スタート!(中学生以上対象)

【大学受験生】東大・京大の過去問添削講座 好評開講中!

本革(ハーマンオーク)ベルト7CROSSプロデューズ&「窪田 敦司」による手彫り

 
 プライバシーマークは株式会社Z会株式会社Z会CA株式会社増進会出版社が取得しています。